ら行

羅漢果(ラカンカ)

羅漢果(ラカンカ)は、中国のウリ科の果物で、昔から甘味料や生薬に用いられてきました。その甘さの元は羅漢果に含まれるテルペングリコシド配糖体(食物繊維)というもので、砂糖の300~400倍とも言われるが、カロリーはほどんどないのです。

また羅漢果は、ビタミンE(トコフェロール)、鉄、リン、マグネシウム、カルシウムなど、現代人に不足しがちなミネラル分を豊富に含んでおり、その中でも特に、ビタミンEと鉄分の含有量が多いのです。羅漢果は中国では古くから、咳き止め、熱さまし、胃腸、便秘などのかたに愛用されて神果として珍重されてきました。他にも、糖尿病、高血圧、ダイエット、生活習慣病やガンの予防、ぜん息・のどの炎症などに効果的で、活性酸素を抑制する作用も注目されています。



インデックス

羅漢果(ラカンカ)ラクトシュクロースラクトトリペプチドラクトバチラス菌ラクトフェリンラズベリーラックラフィノース卵黄油リコピンリフレクソロジーリンりんご酢ルイボスルテインルンブルクスルベルス霊芝レジスタントプロテインレシチンレモンバームローズヒップローヤルゼリー


Page: 1 < 2 < 3 < 4 < 5 < 6 < 7 < 8 < 9 < 10  次の用語>>
フィード