な行

ナイアシン

ナイアシンとは、ニコチン酸やニコチン酸アミドなどの総称でビタミンB群の一種、ビタミンB3 とも言われる水溶性ビタミンです。

糖質や脂質、たんぱく質の代謝を促す働きがあり、体内で必要なエネルギーのうち、70%近くをナイアシンが作っていると言われています。ナイアシンは血行を改善し、循環系、消化系、脳神経の働きを強める働きがあります。また、様々な炎症を引き起こすとされるヒスタミンを抑制する働きがあり、欠乏すると皮膚炎、口内炎、神経炎や下痢などの症状を生じます。ただし、過剰摂取は悪影響が出るため、正しい専門家の指導が必要とされます。



インデックス

ナイアシンナタ豆納豆ナットウキナーゼ難消化デキストリンにがり日本酒乳清タンパクニンニク燃焼系アミノ酸脳細胞強化アミノ酸ノコギリヤシノニ


Page: 1 < 2 < 3 < 4 < 5 < 6 < 7 < 8 < 9 < 10  次の用語>>
フィード